踊る獣医師・ベリーダンサー兼講師 小森谷 薫 / Noora(ヌーラ) のブログ♡

2足のわらじ最高!獣医の事、ベリーダンスの事、その他日々の色々を綴る、生まれも育ちも下町谷根千の人情派、こもりやかおるのブログ♡

動物の生活、一生を尊重する覚悟がないんなら、安易に飼うなんて絶対言うな。

こんにちは。

踊る獣医師、小森谷薫です。

 

 

 

ついさっきたまたま見たクロ現で、ペットビジネスの事がやっていました。

www.nhk.or.jp

 

 

 

本当にね・・・

無理な繁殖はひどい。

テレビや漫画、CM等で人気が出ると、爆発的に繁殖が繰り返される。

だってみんな、できるだけ小さいうちに、可愛いうちに、しかも珍しい品種を欲しがりすぎる。

都会の生活に向かない子や、劣性遺伝の子を欲しがりすぎる。

 

そうするとどうなるか?

悪いブリーダーが、量産してお金を儲けようとする。

結果、人気のある種類を増やそうとして、本来ふえにくい、遺伝子に疾患のある個体同士を無理に掛け合わせるから、遺伝病がふえる。

発情が来たら必ず種付けさせる、無理な繁殖が繰り返される。

自然分娩させると危険が伴う犬種などの場合は、必ず帝王切開。

繁殖犬の一生なんて、何度お腹を切られる事か…酷すぎて見ていられない。

ものすごく優秀な繁殖犬は、泥棒が、その子だけ盗みに来る事もあるくらいなんですよ。

 

 

 

もし買われた子に病気が出たら、物として、他の個体と交換する事で対応する。

大型犬だと子犬の頃はいいけど、飼いきれなくて処分してほしいという飼い主まで出て来た事も。

 

 

 

もうね。

わたくしは5年ほどしか臨床にいなかったけれど、それはもう、ひどいものです。

需要があるから供給があるんだけど。

 

でもさ。

動物を飼おうとするならば、もう少し、少なくともその種類について、ある程度勉強してから飼おうよ。

何も知らないで、見た目重視とか、何かで見て可愛かったからとか、って理由で、飼おうとしてるなら、絶対やめてほしい。

ペットショップで、「可愛い〜」「ほしい〜」とか、まるで洋服選ぶみたいに見てる人で、その子の一生を責任持ちたくて見ている人って、どれくらいいるのかな。

可愛いだけで、一生なんて終わらない。

病気もするし、怪我もする。

老化すれば、痴呆になるかも知れないし、介護生活になるかも知れない。

お金もかかるし、絶対に自分より先に死んでしまう。

その一生をちゃんと見る気があって、飼おうとしてるのかな?

 

 

 

あんなショーケースに並べられている子たちを見ても、透けている牢獄に入れられているようにしか見えない。

そう、そして裏では、何頭も行き場のなくなった、売れない子達がいるのも見て来たし。

その子達の行く末もね…

 

 

 

世の中には、恐ろしい飼い主さんも、たくさんいる。

・引っ越しましたとか、何かがありましたとかで飼えなくなったから置いていきます。

・〇〇に引き取ってもらえなかったから、保健所に連れて行きました。

・動物病院の前に捨てておけば大丈夫だろうから、夜中のうちに玄関前に捨てておきました。

全部見ました。置いていかれました。

自分の手から離す事を少しでも想像できるとか、後の始末は他人に何とかしてもらおうとか、一生面倒をみる覚悟がない、後の事を考えられないくらいなら、飼おうなんて、今後も微塵も考えるなよ。

 

 

 

昔の院長の患者さんで、猫が家具を傷つけるから、一生爪の生えない手術(抜爪)してください、できないならいらないので、安楽死してください、って飼い主さんがいたけど、殺意を覚えたわ。

 

いくら法律上で器物とはいえ、生きているものですから。

いろんな考え方はあるとおもいますが、その動物の生活、一生を尊重する覚悟がないんなら、安易に飼うなんて絶対言うな。

 

 

  

f:id:noorabelly:20170111230122j:image

わたくしの愛する愛犬達。

もう亡くなって10年以上経つけど、どちらの子も16歳まで健康に生きてくれました。

 

 

 

どんなに短くても、基本小型犬なら最近は15年以上、大型犬でも12年くらいは生きます。

今は医療が発達して、猫も20年くらいは生きるし、出会った限りで最長長生きの猫は、25歳っていう子を見たことがあります。

(当時、新卒で24歳だったので、自分より年上の猫を初めて見ました)

 

 

 

そのくらいの長い人生を、一緒に歩む覚悟がある人だけ、動物を飼ってください。

バカな飼い主に捨てられた動物も、保健所や譲渡会にはたくさんいます。

ペットショップへ行く前に、まず、そちらから検討してみてはいかがでしょうか。

 

そしてくれぐれも、その子の一生を、責任持って必ずみてください。

よろしくおねがいします。

犬、猫の里親会(譲渡会)情報 • トップページ