踊る獣医師・ベリーダンサー兼講師 小森谷 薫 / Noora(ヌーラ)のブログ♡

2足のわらじ最高!獣医の事、ベリーダンスの事、その他日々の色々を綴る、生まれも育ちも下町谷根千の人情派、こもりやかおるのブログ♡

飼い主さんは、誰よりわが子の獣医さん。日々の変化の気づきは、身体を触る事から!

こんにちは。

踊る獣医師、小森谷薫です。

 

 

 

※ちょっと美しくない描写もありますので、お食事中の方、苦手な方はお控えください。

 

人も動物も、日々身体をくまなく触る事って、とても大切。

たとえば、ガン。

特に体表にできるものなら、触っていたら、もう少し早くわかったのに、ってものも多い。

もちろん、おできが出来た?とか、皮膚の色が黒くなってきた?とか、ちょっとした事。

あとは、いつもと違うかな?っていう、仕草とかもね。

 

なんで今まで気づかなかった??ってくらい、大きくなってから病院、みたいな方も多いけど、普段から身体をくまなく触る事で、飼い主さんが見つけられる変化って、案外多いものですよ。

 

 

 

ガンではないんだけど、触っていれば絶対分かったよね?っていうちょっとひどい事が、昔、病院に勤めている時にあったので、今日はそれをシェア。

 

とある飼い主さんが、外に飼っていたワンちゃんを、なんか数日前から立ち上がらなくなって調子悪いみたい、と連れてきたことがあって。

その子、ずっと同じ方向で寝ていたらしく、褥瘡(床ずれのようなもの)ができていたんですよ。

そしてなんと、そこに、蛆虫がたくさんわいて、筋肉の中に大量にめり込んでいた、という衝撃の事態を見たことがあります。

 

いやいや、数日前からって、どんだけ見てないんだよ・・・ 

いくら外飼いのワンちゃんでも、そんなひどい状態の子は見た事がなかったのですが、そんな事もあるんだなぁと、本当に驚いたんです。

ちょっと極端なお話でしたが、普段からくまなく身体を触る癖がついていれば、そんな事は起こり得ないですからね。

 

 

 

なんでもかんでも病院に行くのは、確かにその子にとってストレスになってしまう事もあります。

それならその分、たくさんボディタッチして、スキンシップして、コミュニケーションして、早めに気づいてあげるのが、いちばん。

 

飼い主さんは、誰よりわが子の獣医さん。

どんな時も、それを忘れないでくださいねー!

f:id:noorabelly:20170109170115j:imagef:id:noorabelly:20170109203528j:image

本日初対面の、美男美女!!

上の写真の彼女はもう、すぐに大歓迎♡

なかなか人に懐かないし、時に噛み付くという、下の写真の彼も、あっという間に心を開いてくれました♡

 

 

 

動物には特に、いつでもオープンマインドで接する事はとても大切。

すぐにお友達になれる技です。

ぜひお試しを♡

 

あ、でも、外でお散歩中のワンちゃんには、飼い主さんに触ってもいいか、ひとことかけてから触る、のマナーは忘れずにね!

 

 

 

お問い合わせメールアドレス:

zeina9393-kaorubelly♡yahoo.co.jp
※メールを送信される際、♡→@に変えて送信してください。

タイトルは、【獣医について】【ベリーダンスレッスンについて】などとしていただき、お名前、ご連絡先メールアドレスを明記の上、お問い合わせ内容をご記入いただけると、大変ありがたいです。
どうぞよろしくおねがいいたします!

【おすすめ記事:伴侶動物のきもちシリーズ】
もしもわたくしが伴侶動物だったら〜。

もしもわたくしが伴侶動物だったら 〜つめきり編〜

わんにゃんにさとう式リンパケア講習会、受けてきました。ゆるむにゃ〜♡